――何故だろうか?

 君と見上げる空は、いつも何気なく見るものと全く違う気さえする。


「敦賀さん! 今日は雲一つない、良い天気ですね!」

 ニコニコと可愛らしい笑みを浮かべ、空を見上げる君。

 釣られるように空を見上げれば、この梅雨の時期には珍しい快晴。

「今日は、良い事がありそうな気がしませんか? 久しぶりの晴れ間なんですもの」

「うん、そうだね。こんな良い天気だと……それだけで嬉しくなるね」

 そう答えると、君はえへへと照れ笑いをこぼす。


 ――そんな君に俺の心が乱されているなんて……気付いてないんだろうなぁ。


「敦賀さん、どうかしましたか?」

 きょとんとした顔で見上げてくる君に俺は微笑む。

「いや、本当に良い事があるなぁと思ってね」

「……? 何かあったんですか?」

「まぁ、そこは秘密」

「え? ズルいです! 敦賀さん!」

 教えて欲しいと拗ねる君。

 色々な表情の君が見れて、やっぱり今日は良い日だと実感する。

「それはね、朝一番に君に会えた事だよ」

「ッ!! つ、敦賀さん! ど、どうして、そう……うぅぅぅ、敦賀さんのイジメっ子ぉぉぉ!!」

 真っ赤な顔をして、去り行く君を見送りながら、思わず、晴れやかな笑みが浮ぶ。

 ――あぁ、やっぱり、今日は良い日だ。

このページの拍手数:27 / 総拍手数:5859

コメントを送る

※コメントに入力できる文字数は全角で最大1000文字です

※このコメントはサイト管理人のみ閲覧できます