拍手に感謝!
「小話」をお楽しみくださいませ。



研究


◇◇◇


パッカが僕をじっと見る。

なに?

声には出さずに微笑みで問いかける。

「どうして?」

「え?」

「テヨンさんて・・・どうして、そうなの?」

その口調は、責めてるとか、呆れてるとかではなくて・・・
どちらかと言うと感心していると言う感じだった。

「そうって、何が『そう』だって言うんだよ?」

「私を喜ばせることばかりしてくれるな、と思って。」

え?

思わず、にやりと笑って見せる。

「いつも、私を喜ばせてくれるでしょ?」

パッカは、わざとのように僕を睨んできた。

「女性はお手の物ってこと?」

「・・・そりゃ、
『女性がどうすれば喜んでくれるか』
は常に気にしてるけど・・・」

最初は冗談のつもりだっただろうパッカの顔色が変わる。

「けど、何よ!」

僕は彼女を抱き寄せた。

「君がどうすれば喜んでくれるか、しか考えてない。
一般的な女性に当てはまることも多いけど・・・
君にしか当てはまらないことの方に、
断然、興味がある。」

目を見開く彼女にキスをする。

「こんな、キスが好きだろ?」

僕はパッカを研究することに熱心なだけなんだ。

「もっと、悦ばせてあげるよ。」

片目を瞑って見せると、彼女を抱き上げた。









このページの拍手数:2660 / 総拍手数:24570

コメントを送る

※コメントに入力できる文字数は全角で最大1000文字です

※このコメントはサイト管理人のみ閲覧できます