66 心拍数
 
彼の背から感じるもの心音 温もり 安心感
心拍数を上げる筈の接触が
いつしか 穏やかに刻む鼓動を与えてくれるようになったのは
いったい いつからだろう
いつかシンクロする心音 数える心拍数は同じリズム
それが私と彼の間に繋がる絆

 
 ********************
 
拍手、ありがとうございました!
感想、メッセージなどございましたらお願い致します。

コメントを送る

※コメントに入力できる文字数は全角で最大1000文字です

※このコメントはサイト管理人のみ閲覧できます