こんにちわ。ひかるです。
拍手ありがとうございます?♪

拍手ページをリニューアルしました♪
アレキサンドライトの41話目から、こちらのページがリンクされるはずです。はず・・・です。

リニューアルしたこちらの拍手ページでは、いただいた妄想の種にせっせと水やりしていこうかと思います。
アレキサンドライトのパラレルの話だと思っていただければ・・・

今回から拍手コメントを「公開/非公開」と選択できるようにしました♪
よろしければ妄想の種をまいたり、ツッコミをいれたり、いっしょにお水を挙げたりしていただければうれしいです。よかったら構ってやってください♪

以前どこかで触れたかと思うのですが、拍手コメントは拍手お礼ページの内容に関するツッコミをしていただいたときは、こちらのお礼ページのお話の中でお返ししていこうと思います。
純粋に本編のご感想をいただいた場合は、その本編のコメント欄にお返事を書かせていただいております♪

それでは、妄想その1。

アキが大変なことになる予定です。

誰か、助けて(=もっと追い込んで)あげてください(笑)





競りにかけられたオトコ




高級会員制倶楽部、アレキサンドライトにアルバイトが決まったアキ。
高額バイトにウハウハと喜んでいる。

しかし彼を待ち受けていたのは「アルバイト」というには程遠い内容で・・・・




「んんっ。んっ。」

気を失っていたアキは、目を覚ましあたりを伺うようにキョロキョロと頭を動かした。

「あぁ、やっとお目覚めか。って、そのまま寝ていた方が幸せだったかもしれないのになぁ。」

黒服を着た屈強な男たちが、下卑た笑みを浮かべながらアキを見下ろしていた。

自体が呑み込めないでいるアキは、男たちに尋ねようと話しかけようとするが、声を出すことはできなかった。

アキの口には、ボールギャグがかまされていた。

「?!」

口を閉じることもかなわず、かといって話すこともできず、アキは信じられないと言った様子で声を上げる。

「んっんんんっ。」

そんなアキの様子を愉快気に、男たちが見ている。



「可哀想になぁ。こんなかわいい顔してるのになぁ。」

一人の男がアキの顎に手をかけて、上を向かせる。

アキは睨むことでしか男に意思を伝えられない。

両手は男たちに抑えられていて、びくともしないからだ。

「恨むんだったら、その可愛い顔と若い肌、そして己の不運を恨むんだな。」

そう言ってアキの頬をねっとりと舐めあげた。

思いもよらない男の行動に、アキはフリーズする。


「お得意さんに僕の恥ずかしいビデオを送ったらさ、僕を買いたいっていう手が何本も挙がったとかでさ。競りにかけられることになったんだよ。」

"僕"と言っているのが自分のことだと分かったアキは、「ひへほ?」と声を上げた。

「ん?あ、ああ。ビデオ、か?僕が支配人に躯を触られて感じまくっているところとか、トイレでオナニーしているところとか、更衣室で羽交い絞めにされて感じちゃってるところとか?」

「!!!!」

アキの目が見開かれる。

(そんなビデオ、いつの間に撮られてたんだよっ。)

アキはうろたえる。そしてこれから自分の身に起きることに不安を抱く。不安なんてものではない。恐怖。

自分はいったいどうなってしまうんだろう、という恐怖が、アキを支配していた。





このページの拍手数:24 / 総拍手数:68169

コメントを送る

※コメントに入力できる文字数は全角で最大1000文字です