「伯爵家の秘密」最終章「新たな時代」(3)へ拍手をありがとうございました!
 
ぺそぎんサンタ3
クラッカークラッカー…あ、星がいっぱい。
素材 by Emperor Penguin Empire



ミルドレッド「ユベール。くわしく教えてくださいな。エドゥアールさまの過去の女性関係について」
ユベール「承知いたしました。まずは二歳のとき。住んでいた森の近くの農家の娘に抱っこされたとたん、いきなり胸をおつかみになりました」
ミ「まあ、そんなご幼少のころから、女たらしでいらしたのね」
ユ「九歳でポルタンスの娼館に移られてからは、娼婦たちの頼まれごとを聞く都度、ごほうびにキスをねだっておられました」
ミ「道理で、たいそうキスがお上手なはずですわ」
ユ「で、肝心の初体験のことですが」
ミ「…やはり、ミストレス・イサドラがお相手?」
ユ「それならば、まだ正常と言える範囲なのですが」
ミ「ええっ。もっと異常なの?」
ユ「と、とてもわたしの口からは申せません」
エドゥアール(怒りに震えて)「ふたりとも、いい加減にしろ!」


真相はいかに?

このページの拍手数:333 / 総拍手数:58841

コメントを送る

※コメントに入力できる文字数は全角で最大1000文字です

※このコメントはサイト管理人のみ閲覧できます