「ご主人さまのお好きなレシピ」第5章(8)へ拍手をありがとうございました!


資料読みがんばりますっ。
ぺそぎん読書
素材 by Emperor Penguin Empire




レオン「はて? 第5章でこの話は終わると聞いていたのだが」
ルカ「まだまだ続くみたいですねー ひとえに作者の筆力のなさのせいです」
レオン「いい歳をして、だらだらと書き続けるつもりか」
ルカ「吸血鬼に比べたら、たいした歳でもないでしょう」
レオン「まあ、アレクサンドルとの闘いも決着がついておらぬしな。もうしばらく付き合うとするか」
ルカ「はい。今後はルイさまの昔語りシーンもあるそうで、明治末期に関する資料を読むという課題で作者が青ざめているそうですよ」
レオン「認知症予防になってよいだろう」
ルカ「それに、今回もまたいいところで寸止めですからねー ぜひ私とのたっぷり濃厚なラブシーンにも章を割いてもらわねば!」


このページの拍手数:27 / 総拍手数:53397

コメントを送る

※コメントに入力できる文字数は全角で最大1000文字です

※このコメントはサイト管理人のみ閲覧できます