魔王ゼファー「鏡の向こう側」への拍手ありがとうございます。

ぺそぎん一服
素材 by Emperor Penguin Empire
花粉症の季節だけど、みなさん大丈夫? 甜茶がいいらしいね。



ユーラス「で結局、余のことは思い出したのか」
ゼファー「真性ろりこんの勇者か」
ユ「しくしく」
ゼ「…冗談だ。ナブラ王。おまえとの戦いは生涯忘れることはない」
ユ「安堵したぞ」
ゼ「ところで、今回の記憶喪失騒動で、ひとつわかったことがある」
ユ「なんだ」
ゼ「俺は本当は、極度の音痴などではなく、アラメキアの音階さえ忘れられれば美声なのだそうだ」
ユ「ほう。確かにあれは音楽と呼ぶにはほど遠い、殺人的なものらしいからな」
ゼ「ということは、アラメキア生まれのナブラ王、おまえも、さぞ音楽の授業は苦労しているのだろうな」
ユ「ぎくり」
ゼ「天城博士が研究が忙しいので、今度の授業参観に代わりに行くように頼まれている。確か音楽の授業…」
ユ「やめれーっ」


このページの拍手数:129 / 総拍手数:56009

コメントを送る

※コメントに入力できる文字数は全角で最大1000文字です

※このコメントはサイト管理人のみ閲覧できます