訪問&拍手、ありがとうございます!
。" ゚☆,。・:*:・゚★o(´▽`*)/♪Thanks♪?(*´▽`)o゚★,。・:*:・☆゚"

これからもがんばるので、どうぞよろしくお願いしますσ(@゚ー゚@)


ri-

このページの拍手数:26 / 総拍手数:515

コメントを送る

※コメントに入力できる文字数は全角で最大1000文字です

  • baobab23 : はじめまして。今回のことは、なんていったらいいのか・・・
    毎回癒されていたのでびっくりです・・でも、幸せだったんじゃないですか?
    私も犬を飼っていますが、仕事が忙しくかまってあげれない日も多々あります。
    でも休みの時は、いっぱい可愛がり愛情注いでるつもりです。きっと、キャリーちゃんも
    愛情いっぱい注がれてきたことでしょう。。あまり自分を責めないで下さいネ?キャリーちゃん、悲しんじゃいますよ!辛いかもしれませんが、キャリーちゃんの分も前向きに頑張って下さいネ!
  • : 泣ける…
  • オカメインコ様の執事 : 私は、オカメインコ様と生活をするまで、ずっと常にジャンガリアンハムスターさんがいました。初めて生活を共にした子は、癌になり動物病院で摘出手術をしました。が、数時間後に息を引き取りました。病院から連絡をもらい、お迎えに行ってからは、泣いて、泣いて、泣いて「もっとどうにかしてやれたのでは?もっと早くに気づいてあげられれば・・・。」と後悔は尽きませんでした。しばらく経って、「あの子が私と生活を共にして、少しでも幸せと感じてくれていたのなら。」と思えたものです。
    それからも、約15年近く、ペットショップで売れ残り扱いされていた子、皮膚病持ちと決め付けられていた子、さまざまな子達と生活を共にしました。何匹も、掌の上で永眠するのを見送った事があります。「ありがとう。」と思いながら。
    自分が彼らと生活していて、「幸せだなぁ。」とか「可愛いなぁ。」と思えたのなら、ハムちゃんも絶対「幸せ」だったと思います。貴方と出会って、貴方と生活をして、貴方のいる時に眠る事が出来たのですから・・・。
    貴方は今はただ、無理せず泣きたいだけ泣いて良いと思いますよ。