20170420213530f3c.jpg

このページの拍手数:52 / 総拍手数:20902

コメントを送る

   

※コメントに入力できる文字数は全角で最大1000文字です

  • rag : いつも、興味深い論評ありがとうございます。コミックの表現の限界とうか、どういうテーマがコミック向きかというお話は、むしろ漫画家の限界ではないでしょうか。手塚治虫先生とか壮大なテーマで成功している気がしますし。

    いらっしゃいませ。 マンガ家の限界というよりも、メディアとしての向き不向きだと考えています。 手塚治虫氏が評価されているのはあくまでも壮大なフィックションでありマンガそのものです。 真実を伝えるのではなくて物語(マンガ)として作品にしていました。