拍手どうもありがとうございます!以下拍手お礼SSです☆☆












【耳を貸して】




『なので、この女性が書かれているのは、落書きでは無いんです!』


収録中に学ぶ雑学に、キョーコは「へぇ?」と思った。
こんなの、単なる新しいペンの試し書きみたい!と。


スラスラスラスラスラ・・・・・


不思議だ。こんなのどうやって読むというの、と、収録をした番組を見返しながら、紙に書いた。


難しくて、頭おかしくなりそう、と思いながら、書けたら楽しいよね、と思い直して、何度かそれを練習した。


*****




「何やっているの、最上さん」



と、ラブミー部室で休んでいた蓮が、横からひょい、とキョーコの手もとを覗く。


「この間のお仕事で、世界の面白い事、という番組に出させてもらったんですけど・・・・
これが文字なんですって。同じように書いてみたんですけど・・・・
まるでペンの試し書きみたいで、何を書いているのか、さっぱり分かりません」


ふぅ、とキョーコは息を吐き出して、その紙を丸めようとした。


蓮が、その手を止めて、それを机の上に戻す。
そしてしばらくそれをじっと眺めていた。
・・・・と思ったら、気づいたら静かに、くつくつとおなかを抱えて笑っている。


「敦賀さん?あ、やっぱり面白いでしょう?何だか分からなくて」
「ペンの試し書きって」
「もしくは、子供が初めてペンを持って書いた字、みたい」


もはや蓮はおかしくておかしくて、目に涙を浮かべて笑っている。




{拍手2へ続く}






コメントを送る

※コメントに入力できる文字数は全角で最大1000文字です

※このコメントはサイト管理人のみ閲覧できます