「陳情令」みつばの二次小説シリーズ番外編

聶懐桑 視点の物語。


「天に楼閣を描く鳥」

n-i.jpg



部屋の中。

事後の男娼のような出で立ちの聶懐桑。
床に散乱する、描きかけの人物画と、酒。
彼に近づくある人物の影。

一番の謎は…。

・・・・・・この話を「みつばのたまて箱」で
二次小説版として、更新できるのか?


首が100メートルくらい長くなっても大丈夫という方は、
二次小説版の更新までお待ちください(ぺこり)



このページの拍手数:731 / 総拍手数:460079