yaneura.jpg
屋根裏部屋の花たち


古い大きな邸宅、美しい兄妹、繰り返される罪、監禁、
狂信的な祖母、飢餓、禁忌、若く美しい母。


これでもかというほど、ゴシックロマンスのテイストを詰め込んでいる本作は
ご都合主義の展開も見受けられるけれども、その奥に作者の人間への冷めた視線が感じられる。
一番この世で素敵なものは、人間の心。
一番この世で恐ろしいものも、人間の心。
ゴシック・ロマンの体裁をとっているが、何故か非常に、普遍的なものを秘めていて、
そのことがものすごく怖い。
同じことが、今も、どこかで、起こっているに違いない。


主人公のキャシーは結局、幼少期を異常な抑圧状態で過ごしたために、
空想と現実の折り合いをつけることができずに、成長後も幼少期の空想の世界へ逃げ込んでいく。
現実の自分を失っていくだけなのね。
シリーズ最後で彼女は、結局「屋根裏部屋」へ還っていくしかないのだ。
それが、哀しい。


そして、罪は、繰り返される。

txt_17_blog.gif

このページの拍手数:16 / 総拍手数:5938