ありがとう。
こころ・・・その響きのとおりにころころ変わって行く。
それわ、風見鶏とわちがって、じぶんじしんのなかから
発展し、そのことわ「外に向けられ」見返りのない
じぶんの真実として活性する。
こころわ常にやさしさを求めて止まない。
そのやさしさにふれたときこそ、また発展し行くこころの状態。

わたしたちに、一番大切なことわ。ことを成すということだけでなく、
そのみちすがらのこころの動き、ふれあいが、もっとも大切なことだと思う。

こころと、自分自身の不具合わ身体を実証として異変をきたす。

あなたがお話してくれた。
「たのしいよぉ」
形態がバラエティに富んでいてもその「たのしいよ」
「だから、まわりも楽しいの」・・・

もっともすばらしいことだ。
じぶんが変われば人も変わる・・・。

わたしわ、じぶん意外のものを念頭においてるという
偽善者なのかもしれない。

じぶんをたいせつにするのわ、じぶん・・・。
じぶんをたいせつにしてこそ、ひとを喜びや幸せ感に浸すことができるのかもしれない。


ごめんなさいね。
むずかしいことが今のわたしにわわかりえないです。
あるいみ、目先しかないのかも。

短い時 でわあったけれど、お姿にいっぱい感じ入りました。

このページの拍手数:9 / 総拍手数:2240

コメントを送る

※コメントに入力できる文字数は全角で最大1000文字です

※このコメントはサイト管理人のみ閲覧できます