使用人対元使用人

 このところずっと、仕事が立て込んでいた。だが、その晩だけふっと、為すべき仕事も片づけるべきタスクも、なかった。一人だった。くわえていた煙草を消した。
「行く、か――」
 そうつぶやくと、男はガレージに向かった。

 数日を要した出先での役目が終わり、久しぶりに自室に戻った。その晩だけふっと、ぽっかりと予定が開いていた。体のどこかが、うずいていた。スカートを脱ぎ、ジーンズを履いた。パンプスではなく、スニーカーを履いた。
「呼ばれている、気がしますわ。」
 そうつぶやくと、女はガレージに向かった。

 一台のインプレッサCBA‐GRBが首都高に上がる。とりあえずは行儀よく、左車線を走行していく。獲物を待って息を潜める獣のように、静かに、ただそこに、時速五〇マイルで佇んでいる。空荷のタクシーもようやく空いてくる、そんな時間帯。
 分かっていた。こんな、妙にざわつく夜にはあいつが来ると。
 この場所で待っていれば、必ずあいつが追ってくると。
 ボンネットの下のBOXER4が、まるで喉を鳴らすネコ科の大型獣のように機嫌よく、静かに声を上げている。やがてその、秘められた能力を解放するときを、待っている。
 一二分ほどでC1内回りを一周する。
 さらに、もう一周。
 もうそれは、一つの約束だった。
 来た。
 これまで何度も間近に見たあの黒い獣が、姿勢を低く屈めてそこにいた。

 飢えていた。内臓を置き去りにするような加速度と遠心力に、飢えていた。自らの肉体を撓ませるGの洗礼を、渇望していた。五点式ハーネスの軽い拘束感と減速時の圧迫感。それすら、彼女には待ち望んだ一つの福音だった。
 待ってて。今、行くから。
 自然と、笑みが浮かぶ。リアタイヤがきゃきゃっと声を上げる。
 踏みすぎだって?――上等。
 サディスティックなまでの衝動が立ち上がる。
 一瞬のクラッチ。跳ね上がった回転数をそのままパワートレインに繋ぎ直してやる。
 愛機FD3Sが淫らに腰を振る。
 体の芯が震える。
 そしてトラックと一般車両の向こう。
 見えた。
 一気にあいつのテールランプに食らいつく。

 圧倒的な予定調和の中、バトルが始まる。
 弾かれたように加速するインプレッサ。
 それを悠然と追尾するRX7。
 睦み合う、二台だけの世界。

 種々雑多な車両をかき分け、わずかな車間を縫いながら、繋ぎ目だらけの路面と不規則な合流が続くC1を、漆黒の二台が行く。歌うようなエグゾーストと、泣き叫ぶようなスキール音を残して、まずは平均七五マイル超のレンジへ。FDが前になり、インプレッサが抜き返し、路肩まで使い、併走したまま6号との分岐に飛び込む。上になり、下になりして昂め合う二人のように、二台の軌跡は絡み合う。
 五号、四号、三号との分岐、合流、まばらな明かりの黒々としたビルの谷間。すべてはほんの、一息のあいだ。狭隘なコーナー、トンネル、短いストレート、車線を分かつ突然の橋脚。何でもありのC1のほんとうの姿を、今、二台が削りだしていく。

 それは、狂気。それでも踏んで先に行こうとする者を誘う、甘い悪意。もっと踏みたいと、もっとここで歌い上げたいと願わせる、性悪な誘い。

 二台は、周回を重ねる。

 愛し合う勝ち気な二人が、自分より一瞬でも早く相手を果てさせようとするような、そんな熱心さで、二台はせめぎ合う。C1の狂気を抑え込み、自らの理を刻み付け、少しでも先の空間を占めようとする。

 だがやがて、たぎっていたものがふっと、こぼれてしまうときが来る。

 最後はいつも、決まっていた。
 どちらかがもう、踏み切れないと判断したとき。
 マツリの終わりはいつも、同じだった。
 東京タワーが左手に見えた。
 湾岸線へ。クールダウンするように二台はただ流していく。

 無言――。

 ただそれだけの逢瀬。それだけの邂逅。

 車を止めて語り合うことも、馴れ合うこともなく、ただ暗く歪んだ余韻だけを漂わせて、二台は秘め事の舞台を後にする。

 夜明けにはまだ遠く、決着をつけるにはまだ早すぎた。

 教誨師の知らない、二人だけの夜。

 すべてはまた、いつかのステージへ――――



[an étude for a gift. niseki.oku 2009]

このページの拍手数:2 / 総拍手数:38

コメントを送る

   

※コメントに入力できる文字数は全角で最大1000文字です

※このコメントはサイト管理人のみ閲覧できます