どうも ありがとうございます !
意欲がUPしました


か・な・り、BLです
お読みになる方、苦情はイヤン です


気持ち悪さ、最大質量マクロ・ウェイト!!


超時空トライアングラー
? マクロに咲く、禁断の薔薇たち ?
 ‐ 両刀鬼畜メガネ v.s ワンコ後輩‐

2014.3.29 UP

何故、こうなってしまったのか ・・・

もう俺達、ダメなのか ・・・?


「 柿崎君、分かっていますよね? 」
「 マクシミリアン ・・・ ! 」
「 身体だけの付き合いと、お互い始めから割り切っていたハズです 」

愛する彼を、守りたいから
報われない恋から、逃げたい一心で
そんな純粋で卑怯な想いから、2人のいびつな関係は始まった

一時の快楽に溺れて、互いの欲望を舐めあい、相手だけではなく自らをもおとし


「 はは・・っ。分かってた。お前が俺を、愛してないのくらい 」
「 終わりにしましょう 」
「 けど! ――
「 君も僕も、充分に愉しんだ 」


彼等は“ セックス・フレンド ”―― 所詮、セフレという間柄


「 もう俺を、ハーヤと呼ばないのか! 」
「 ・・・ そうですね。僕らは、ただのチームメイトです 」
「 マクシミリアン! 」
「 マックスと、呼んで下さい 」


始めは互いに目を逸らし、同じ相手を思い描いて、激情の嵐をぶつけ合っていた
そんな彼等は、いつしか「マクシミリアン」「ハーヤ」と、
シーツの海で睦み囁きあい、戯れて


「 お前、本当に遊びだったんだな。なのに、お、俺は ――
「 柿崎君! ・・・ 君をベッドで見下ろすのは、愉しかったですよ 」
「 ! 」
「 女性相手では出来ない事も、君なら、ネ? 」


バキッ!


「 俺達は、もうチームメイトでもねぇ 」
「 ・・・・・・ 望む所です 」


「 あれ?? マックスに柿崎。こんな所で、どうしたんだ? 」

「 「 一条隊長 ・・・! 」 」

「 ん? マックス、その顔 ――
「 ふっ。隊長にご報告するまでもない、詰らない事です 」
「 ホント、下らない 」

「 ふ??ん。お前モテるから、痴情のもつれってヤツ? 」

「 「 当たりです。隊長には関係ありませんよ 」 」

「 あ、そう? なんか仲間外れな感じだけど、まぁいいや
それよりメシ行こうぜ 」


あとがき
マックス柿崎セフレ説、勃発
そして妙に鋭いけど相変わらずKYな、一条隊長

一応ご注意ですが、これはフィクションのフィクションのフィクションです

感想などを 記事のコメント、またはスクロールして 下欄 に頂けると大変嬉しいです
拍手コメントが鍵コメ (非公開) の場合、 レスは該当記事のコメント欄 に書かせて頂きます

ぴかぴかハート またのお越しをお待ちしております ぴかぴかハート

前作BL「親友の境界線」は、次拍手ページです

コメントを送る

※コメントに入力できる文字数は全角で最大1000文字です

  • ぱよぷー : お待ちしていました?。
    某KまおさまからのTwitter情報から飛んでまいりました♪

    早速のガッツリ記事、さすがです。
    もう最近はSSしか書いてない私とは大違い。( ̄▽ ̄;)
    また楽しい記事&SS、楽しみにしてますね。

    拍手とコメントを、ありがとうございます。レスは記事のコメント欄へ、記入させて頂きますね (^^)