-----------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------

 もういつからだろう。眠りに落ちた彼に、触れずにはいられなくなったのは。
 決して綺麗なものばかりではない確かな熱情を内に秘めて、触れるだけの口付けを額に落とす。
 伝えるわけにはいかない。
 けれど同時に、この触れ合った膚からそっくり伝染してしまえばいいとも思って、矛盾だらけだとひとり苦笑する。
 そう、この行為は矛盾に満ち満ちていた。
 決して悟られないように、深い眠りに陥ったときを見計らってそっと触れる。
そのくせ、彼がこの口付けのせいで目覚めてしまうことも同時に期待している。
 この旅が終わりを迎えられたなら、言葉ではっきりと伝えてみようか。 お前が好きだと。お前が欲しいと。
 一体、どんな表情を見せて、どんな言葉を返してくるだろう。
安らかで無防備な、いっそ愛らしいと表現できる彼の寝顔を熱っぽく見つめて、もう一度だけ唇を落とした。


-----------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------




拍手ありがとうございました。お礼SSは全部で3種類です。

コメントを送る

   

※コメントに入力できる文字数は全角で最大1000文字です

  • トシヲ : 拍手ボタンはコレですかっ///バナー拝見しにきました^^いやあぁぁっ素敵です!うっかりリンク繋ぎたくなってしまいますwww動いてるサイトもないくせにぃ☆バナー作るのもなんだか難しいんですよねぇ。遠い昔を思い出してほろ苦い気分になりました☆なんか私、過去のヒトみたいだけど、そんなことはありませぬwww現役でこれからも応援してまっす!!