拍手をありがとうございま?す
お兄ちゃん先に行っちゃたんだよ
今年も日記を楽しんでくださると嬉しいです
ひと言メッセージをいただけるとなお嬉しいです

このページの拍手数:15 / 総拍手数:18321

コメントを送る

※コメントに入力できる文字数は全角で最大1000文字です

  • うず : 大家さん、心中お察しします。
    落ちたヒナをせめて飛べるまでにしてやろうと思って幾度か挑戦したことが
    あります。
    でも死んでしまった子もいます。
    つらかったですね。
    それでもツバメを前にもまして好きになりました。
    いつかうちにも来て欲しいと思います。
    大家さん、ずーとツバメの大家さんでいてくださいね。
    大家さんところみたいな良い物件はめったにありませんぞ。

    うずさん、こんばんは~ 有り難うございます、お言葉に元気がでます。うずさんも辛い思いをなさった経験がおありなのですね。私はずーっとツバメさんの大家です、ツバメさんに見放されない限りは、ですね。ツバメ可愛いですものね~

  • みこはん : 大家さん、こんばんは~

    そうでしたか・・・
    残念ですが、これもまた自然の摂理
    小さな小さな命を守るって、本当に大変ですね。

    落ち込みから、気を取り戻すのには時間がかかるかもしれませんが、どうぞお体壊さないように・・・

    ヒナちゃんたちの写真を見ていて、首が細く、羽の生え方がまばらで、肌が見えているように感じていました。
    、かつて、ダニだらけのヒナを保護した時に似ている状態で、気にはなっていたのですが・・・
    これからは、異変を感じたら、すぐコメントするようにします。

    みこはんさん、こんばんは~ ご心配おかけしてすみません。 ちょっとした油断から、こんなことになってしまって、残念でなりません。ちゃんと経緯はまとめるつもりです。これからもいろいろとアドバイスよろしくお願いします。

  • WB : 悔しいお気持ち、大変よく分かります。私も、天敵対策など、万全にやってきただけに今度は別の原因で救えなかったという時、本当に様々な至難を乗り越え巣立ちまで見守る事、大家さんの場合このような事は、今までになかったことなのでショックは大きいと察しますが私も今年もまた末っ子ちゃんをあれだけ早めに対処したつもりが、救えなかった事、やはり野生としての運命だったのか?それとも私が給餌した時、もう大丈夫なんじゃないかと、巣に戻してしまい戻すのが早く元気な他のひなちゃんに混じってはやはり自力で餌をもらう力は不足だったんじゃないか、と私がもう少し給餌を体力つくまですべきだったのか?など色々、「…たら、れば・・・」?と考えたりもするので大家さんのお気持ち、すぐにはスッキリは忘れる事はできないと思いますが大家さんもお忙しい中ツバメにつきっきりで面倒見ていたわけじゃないので自責の念は持たないで欲しい気持ちです。
    ベテラン大家さんに対し、私が言うのも何ですが・・・。元気出して~。
    親ツバメさんはどちらにしろ感謝してると思います!私のように余計な手出しをたくさんして救えた5羽さんでも親ツバメからしたら「余計なことしやがって」と思わてれるかも知れませんしね~((´ε`;)

    WBさん、皆さんからのコメントにご返事を書いているうちに、だいぶ気持ちが落ち着いてきました。やはり、「…たら、れば・・・」と考えてしまいますよね~ それは、ツバメさんに関してだけでなく、人生においてそういう思いをする場面はいくつもありますね。WBさんもいろいろとご経験なさって、それでも毎年頑張っておられて、ツバメさんへの思いは人一倍お強いですよね。自責の念は消えそうにもありませんが、私も気を取り直して、来年に向けての戒めとして、ちゃんと今回のことも記事にまとめるつもりにしています。元気出します、ご安心を。お気遣いを有り難うございます。

  • まゆ : 大家さん、こんにちは。

    2番子の季節は様々な条件で厳しいですね。
    お気持ちお察し申しあげます。
    私の所も、2番子5羽でしたが先日1羽育つことができなかったです。
    喉の左側にしこりがあって餌が飲み込めず口から出てしまうことが成長とともに多くなっていました。
    巣にぶら下がってしまった所を助けて鳥のお医者様へ連れていったのですが、無理な状態でした。大家さんの緊急時の給餌方法もさせていただきお礼申しあげます。野生の小さな命を守るのは本当に難しいですね。
    どうか大家さんもお体大切になさってください。

    まゆさん、こんにちは~ しこりのあったヒナちゃんも可哀想でしたね、生まれつきの運命だったのでしょうか。緊急時の給餌が少しはお役に立ちましたか。小さな儚い命ですね、でも、野生としての逞しさも持っているのですよね。大家こと私も、気を取り直して頑張らないと、ツバメさんに笑われますよね。

  • WB : 大家さん、ダニが急に、ですか?思うにやはり、スワローボウルが深過ぎて、糞の処理がしずらく、お掃除上手にできなかったのでは??32度を超えると虫もいなくなるとTVで、やっていましたので、、餌を探すのが大変でプラス糞のお掃除もままならず・・・?

    ウチも3年前の二番子はかご巣でダニがたくさん湧いて、お母さんに何度も雛を落とされ私もかごのお掃除(ダニ駆除)と、雛を保護しては順番に交代で給餌したりで波乱万丈でしたが、「二番子は全滅」など、記事をよく見かけましたので猛暑で子育ても状況も厳しくなるのでしょうか。
    来年は大家さんのおっしゃるとおり、浅めの手作り巣の方がいいですよね。

    ウチは去年から手作り巣をもともと、取り外して観察できるようにセットしておくので今年もおかしいと思うと外しては見て、健康状態観察や給餌をしていましたが、ここまでやるのも善し悪し?と思いましたが、(親にツピーと言われ続け)やはり私自身気になって見て放っておけないダメな性格なんですよね…。
    専業主婦で時間もあるせいもあります。
    大家さん、お忙しい中ここまで観察されてきたのですし、全くご自身を攻める事はないと思います。
    また来年命を落としたひなちゃんたちも皆きっと生まれ変わって大家さん宅に来てくれると信じてます。☆彡

    WBさん、急に、とは言っても、、、そうですね、次第に増えていったんでしょうね。毎日、見ていたつもりでしたが、見落としですね。私の落ち度ですね。悔しいです。確かにスワローボールは深すぎて、除虫菊の粉も底に落ちてしまえば効き目が薄かったと思います。来年は、まず巣の作成からですね。取り外しも楽なように考えますね。