拍手をありがとうございました!


紫式部(ムラサキシキブ)
10月18日の誕生花
花言葉は「聡明」「上品」「愛され上手」


葛城古道のムラサキシキブ


奈良・葛城古道にて


正確にはじゃなくてなのですが、ムラサキシキブは実のほうが存在感がありますね。
小ぶりで地味めな花が初夏に咲き、美しい紫色の実が秋に実ります。
この名は、紫色の実の清楚な美しさを紫式部にたとえたとも、
実をたくさんつけるため「紫重実(ムラサキシキミ)」と呼ばれていたのが変じたとも言われているそうです。
学名は「日本の美しい実 Callicarpa japonica」
飽くまで主役は実なんですね(笑)。
なお、この写真はコムラサキと呼ばれる別品種なんですが、
私たちの身の回りで見かけるムラサキシキブと呼ばれる木は圧倒的にこちら。
なので、この姿で覚えておいても大丈夫です。多分。



このページの拍手数:9 / 総拍手数:7793

コメントを送る

※コメントに入力できる文字数は全角で最大1000文字です

※このコメントはサイト管理人のみ閲覧できます