サンプルページ

拍手ありがとうございます!


※こちらを選択いただければトップページへお戻りいただけます。

こちらのサンプル以外にもお好きなようにページを作成していただけ、
拍手送信も無制限にでき、コメントも非表示設定が可能です!多機能なのに無料!!
ぜひ、一度ご利用してみてください。




このページの拍手数:265787 / 総拍手数:268297

コメントを送る

   

※コメントに入力できる文字数は全角で最大1000文字です

  • : 汗っかき
  • : ひとり寝る夜のあくる間は…
  • 川邉雅志 : 憲法第九条を守ったところで、ミサイルも侵略も止まらない
  • 川邉雅志 : 反日左翼
  • : テチュト
  • 川邉雅志 : 反日左翼の共産党員
  • -:このコメントは非公開コメントです
  • : てすと
  • : キャラクター
  • 神様 : となゆぬゆとぬゆ」んのゆりこそけてまゆぬのふたらま、さあ?そん、なはやな?なはやはやはやはわはわはさわはんらたふやさらたはたさまはたらたじらたるまはわさらまはたさわりゆりわなたはさわなのあ?んざ。あゎかこたわなは、なわまひわや。やるわさかわなららま、た、まばはた。な、らわふやふたらるふなへ?ゆなる
  • : なやねりけ「のけゆなりおねぬにてなたむなやむりむゆゆ
  • 川邉雅志 : aaa
  • 川邉雅志 : SEALDsという学生の反安保団体が左派メディアでひっきりなしにとりあげられる。共産党もサイトで支援する団体だそうだ。 サイトを読む限り、目新しい理念は何一つない
  • オコエ類 : 統一地方選前半戦の結果は、自民党の圧勝に終わった。 すべての知事選で与党推薦の候補が当選し、大阪府以外の40道府県議会で自民党が第一党を維持した。 安保法制をはじめ、さまざまな問題で安倍政権への厳しい非難を続ける新聞には、溜息しか出てこないだろう。 しかし、翌13日付の東京新聞社説によれば、「安倍政権は地方の意見や世論にも謙虚に耳を傾けるべきである」とのことで、これは民意を反映したものではなかったらしい。 同紙は、わずか1週間前の6日付では、翁長雄志沖縄県知事と菅義偉官房長官との会談を論評し、「翁長・菅初会談民意の重さ受け止めよ」という社説を掲げていた。 つまり、自分たちが支持する側が勝利したときと、逆の場合とでは、選挙結果が出ても全く異なる主張がなされるのである。 選挙の結果をあらかじめ予想していたのか、朝日新聞にも興味深い記事があった。 投票前日の11日、日本の「右傾化」について、丸々一面を使って「耕論」というページで大特集が組まれていた。 そこには学者、政治家、ライターの3人が登場し、意見を披瀝(ひれき)していた。 それは、いまだに朝日は左右の対立という単純な視点しか持ち得ていないことを示すものでもあった。 1989年のベルリンの壁崩壊以降、左右の対立は、世界史的にも、また日本でも、とっくに決着がついている。 自民党と社会党との左右の対立で始まった「55年体制」の思考からいまだに抜け出すことができないメディアのありさまは“マスコミ55年症候群”とでも呼ぶべきものだろう。 だがそんな旧態依然の論調とは無関係に世の中はとっくに違う段階に移っている。 それは、「左右」の対立ではなく、「空想と現実」との対立である。 冷戦下、米国の軍事力の傘の下、空想的平和主義を謳歌してきた日本が、 中国の膨張主義と軍事的脅威にいや応なく向き合わざるを得ない時代を迎えている。 その現実を前に、「相手に手を出させない」ため、つまり「平和を守る」ために、さまざまな手を打たなければならなくなった。 しかし、左右の対立という単一の視点しか持ちえない朝日は、「日本の右傾化が問題」という論調を今も続けている。
  • 川邉雅志 : 小児まひ(ポリオ)ワクチンが1本約20円 これ接種するにキャップが460個 130円のペットボトルを約6万円分のキャップで20円のワクチン1本だ 段ボール代&送料考慮するとたぶん3000個30万分くらいのジュース買ってワクチン1本だなww
  • オコエ類 : 統一地方選前半戦の結果は、自民党の圧勝に終わった。 すべての知事選で与党推薦の候補が当選し、大阪府以外の40道府県議会で自民党が第一党を維持した。 安保法制をはじめ、さまざまな問題で安倍政権への厳しい非難を続ける新聞には、溜息しか出てこないだろう。 しかし、翌13日付の東京新聞社説によれば、「安倍政権は地方の意見や世論にも謙虚に耳を傾けるべきである」とのことで、これは民意を反映したものではなかったらしい。 同紙は、わずか1週間前の6日付では、翁長雄志沖縄県知事と菅義偉官房長官との会談を論評し、「翁長・菅初会談民意の重さ受け止めよ」という社説を掲げていた。 つまり、自分たちが支持する側が勝利したときと、逆の場合とでは、選挙結果が出ても全く異なる主張がなされるのである。 選挙の結果をあらかじめ予想していたのか、朝日新聞にも興味深い記事があった。 投票前日の11日、日本の「右傾化」について、丸々一面を使って「耕論」というページで大特集が組まれていた。 そこには学者、政治家、ライターの3人が登場し、意見を披瀝(ひれき)していた。 それは、いまだに朝日は左右の対立という単純な視点しか持ち得ていないことを示すものでもあった。 1989年のベルリンの壁崩壊以降、左右の対立は、世界史的にも、また日本でも、とっくに決着がついている。 自民党と社会党との左右の対立で始まった「55年体制」の思考からいまだに抜け出すことができないメディアのありさまは“マスコミ55年症候群”とでも呼ぶべきものだろう。 だがそんな旧態依然の論調とは無関係に世の中はとっくに違う段階に移っている。 それは、「左右」の対立ではなく、「空想と現実」との対立である。 冷戦下、米国の軍事力の傘の下、空想的平和主義を謳歌してきた日本が、 中国の膨張主義と軍事的脅威にいや応なく向き合わざるを得ない時代を迎えている。 その現実を前に、「相手に手を出させない」ため、つまり「平和を守る」ために、さまざまな手を打たなければならなくなった。 しかし、左右の対立という単一の視点しか持ちえない朝日は、「日本の右傾化が問題」という論調を今も続けている。
  • : 神など最初から居はしない
  • : test2
  • -:このコメントは非公開コメントです
  • ひーさー : エロ動画がみたいですどうしたらみれますか教えて下さい
  • ひーさー : ロリータとか、小●生エロ動画がみたいですどうしたらみれますか教えて下さい
  • -:このコメントは非公開コメントです
  • : 眠気が
  • : おやすみなさい
  • : ありがとう
  • : こんにちは
  • こ0じじこ「 : 23日
  • 41556 : 53963..
  • 713126 : ykkk
  • toyo : 7771423