拍手ありがとう23

このページの拍手数:64 / 総拍手数:131314

コメントを送る

※コメントに入力できる文字数は全角で最大1000文字です

  • dori : こんにちは。
    おけいさん、この場をお借りしますね。
    kaedeさん、こんにちは。
    教えていただき、どうもありがとうございます。
    こうしてkaedeさんがお元気でいらっしゃることが
    とっても嬉しいです。
    それにしても大変な経験をされたんですね。

    おけいさんもくれぐれもお身体を大切にしてくださいね。
  • kaede : まさか、ブログ本文に載せてくださるなんて!
    電気ショックと聞くと驚くので、もしお役に立てれば嬉しいです。

    そして、他コメントのdoriさんもありがとうございました。
    私の「心臓が止まっている」という言葉が良くなかったです。ごめんなさい。
    心電図がないと心臓の痙攣はわからないため、「心臓が止まっいる」と表現してしまいました。

    ちなみに、病院で電気ショックで使う除細動器のボルト数は、調整できるようです。
    AEDよりも小さい時もあるでしょうし、大きい時もあると思います。

    医師が電気ショックをする時に、「このくらいで発作が止まるだろう」というボルト数で行い、ダメだった場合は、ボルトを上げてもう一度する時もあります。

    (私がそうでした。なぜ2度されたかを知ったかというと、電気ショック中の眠っている間にドカンとした感じがしたので、目が覚めて医師に聞いた所、1度目の大きさでは発作が止まらず、もう一回大きくして行ったと言われました。1度目は鎮静剤で気が付かず、2度目は鎮静剤の切れかけだったので、わかったという事です。ちなみに、鎮静剤はほんの少しの時間だけ効くので、すぐ目が覚めます。)

    おけいさん、話がそれたかも知れませんが、どんな治療にも怖がらないで下さいね。
    もし怖かったら、たくさん医師に聞いて、不安を解消して、最善の治療を受けられますように。
  • -:このコメントは非公開コメントです
  • dori : こんにちは。
    おけいさんがお元気そうで良かったです♪
    お身体には十分お気を付けくださいね。

    余談ですが、AEDは意識がある人にはスイッチを押しても作動しません。
    それに心臓が止まってからでは無意味なんですよ。
    心臓がけいれんしてる状態の時、正常に戻すことが出来ます。
    病院で使う除細動器は医師しか使えませんが
    AEDと比べものにならないくらいの電流が流れます。
    私は病院で兄に除細動器を使ったのを見ました。

    AEDが必要な時は迷わず音声に従って使って欲しいです。