そらを見あげると、いくつもの白い風船がとういている。わたしがそう言うと、ばかだね、あれはくらげって言うんだよ、なんてきみは言う。

 くらげは大きくなったり小さくなったりをくりかえして進む。けれど、なかにはめんどうくさがりやもいて、そんなのは水の流れのままにとたゆたっている。わたしは、そいつを指さして、あれってきみみたい。と言ってみた。きみは、楽なのが好きなんだと笑った。

 その日のことを、わたしは今も覚えている。

 わたしはいつも全力で生きていたいし、流されるのはきらいだ。でもときどき、夢に見る。としあわせの海をただよう。きみとふたりで。

 そんな日の夜、わたしは湯船にしずむ。水中ではく息はと白い空へとうかんでいく。それはまるで白い風船みたいで、くらげのようでもある。

 だからね、わたしはきみが好きなんだよ。って、言えなくて。ただ今は、水にうかぶあわばかりながめている。

コメントを送る

※コメントに入力できる文字数は全角で最大1000文字です

※このコメントはサイト管理人のみ閲覧できます