「転生したら~」のおまけSSS




【入れられなかったシーン】



『まだ序盤だから弱いけど、仕方ないよなー。俺幹部だもん。わりと終盤まで生き延びてたしね。でものびしろあったなー。あの技が……フレイムファイヤーが生まれたんだなー。俺がフレイムを導けたんだな……俺がフレイムを育てた男』



スマホから聞こえてくる声に耳を傾ける。何度も再生しては「弱い」というフレーズに傷つく。

強く、なるしかない。

ブラックナイトが甲斐だから集中できなかったなんて言い訳もしたくない。好きな子に弱いなんて二度と言われたくなかった。

甲斐の声は綺麗で、何度聞いても聞き入ってしまう。うっとりしては「弱い」という声に我に返る。



強くなろう。



そして、甲斐を手に入れるんだ。











【140字SSS】

貴方は焔×甲斐で『日常崩壊寸前』をお題にして140文字SSを書いてください。

#shindanmaker

https://t.co/sgS0cZGRMA



「黒川」「何?」こてん、と、首をかしげてこちらを見る。可愛すぎる動作で俺を殺す気なのだろうか。きっとそうだ。本当は、甲斐って名前で呼びたい。俺が呼んだら甲斐は「なに、焔」って笑って、さ。親友という立場は確かに大事なのだけど。もっと欲しい役職があるから。「呼んだだけ」「なんだよ」







貴方はほむかいで『お腹いっぱい君をください』をお題にして140文字SSを書いてください。

#shindanmaker

https://t.co/sgS0cZYtba



「甲斐、足りない」この男は絶倫ではないだろうか。最近甲斐は気づいてしまった。いくら性欲をもて余した男子高校生といえども。甲斐はもう何日も自宅に帰った記憶がないのだ。「お腹いっぱい甲斐をちょうだい」そうやって甘えるように見つめられると、今日もそれを許してしまうのだけど。


コメントを送る

※コメントに入力できる文字数は全角で最大1000文字です

※このコメントはサイト管理人のみ閲覧できます